本文へ移動

直近の1年

直近の一年一覧

部長会を開催

2021-07-15
会場シーン
厚生労働省 高松利光調査官
講演資料トップ
いちよし証券 愛宕伸康上席執行役員
講演資料トップ
会場シーン

7月15日、電機工業会館(東京都千代田区)にリアルでの参加、オンラインでの参加、都合30名を超える方の参加を得て、部長会が開催された。開催概要は以下の通り。

第一部 講 演「労働行政の現状と課題(労働経済の分析)」
  ―新型コロナウイルス感染症が

     雇用・労働に及ぼした影響―
講師:厚生労働省 労働経済調査官 高 松 利 光 氏

  • 新型コロナウイルス感染症が雇用・労働に及ぼした影響等

  • 感染拡大下で業務の継続を求められた労働者の分析(新たなアンケート調査による分析)

  • テレワークを活用して働いた労働者の分析(新たなアンケート調査による分析)


聴講者からの質問
  • リーマンショック時との状況比較において、新型コロナが雇用・労働に及ぼした影響はマクロ的には少ないように見受けられる中、今般の新型コロナによって企業体力がかなり棄損されているような実情を踏まえて、検討されている政策的見直しは?
  • 『こども庁』創設の話もある中で、子育て支援など子供にかかわることで焦点を当てた政策の方向性は?



第二部 講 演「ポストコロナの日米経済と金融政策」
  ―大局を捉え、リスクを把握すべし―
講師:いちよし証券㈱ 上席執行役員

    チーフエコノミスト 愛 宕 伸 康 氏 


  • コロナ禍で改めて痛感する日本の弱点

  • 改めて知るワクチン後進国の現状

  • 感染収束後の景気回復期待と過剰流動性により株価が上昇

  • 大規模な対策、じゃぶじゃぶのマネーが成長率も押し上げる

  • 米国経済および市場に過熱感が高まりつつある-バブルのリスク-

  • 米国ではインフレリスクも高まっている-コロナ・インフレのメカニズム-

  • 日本経済も21年後半にかけて景気回復が 鮮明化する見通し

  • 未曽有の財政赤字を誰が賄うのか-貯蓄投資バランス-

  • コロナ収束に伴う景気回復に乗じてFRBが狙っている政策とは

  • 「高圧経済」-潜在成長率を押し上げ、低インフレから脱却-

  • しかし、インフレリスク拡大でいきなり正念場-利上げ派が増加-

  • 日本の潜在成長率を巡る論点整理-働き方改革って…- 


聴講者からの質問
  • 企業年金・個人DCなど現在いい運用状況にあるが、講演で示された経済予測を踏まえた場合に企業年金の運用上の留意点は?
  • 政策金利、長期金利の行方を勘案した場合、2022年、2023年の経済成長性のトレンドは?

電機・電子・情報通信産業経営者連盟
〒102-0082
東京都千代田区一番町17-4
電機工業会館5階
TEL.03-3556-5896
FAX.03-3556-5897
 
 
0
5
0
7
0
4