本文へ移動

2018年度

2018年度一覧

第9次海外調査団を北欧に派遣

2018-12-09
デンマーク産業連盟にて首脳陣と
エリクソン本社にて人事部長他と
ストックホルム商科大学・質疑応答
2015年のトルコ・UAE以来、3年ぶりに部長クラスの調査団の派遣を行った。
 
  • 期 間:12月2日(日)~8日(土)の7日間
  • 参加者:阿部団長(三菱電機)、塩川副団長(東芝)他 総勢10名
 
  • 今回の訪問では、デンマーク、スウェーデン、フィンランドの3ヵ国、日本貿易振興機構(デンマーク・スウェーデン)、デンマーク工科大・ スカイラボ、Danish Industry、エリクソン社、ストックホルム商科大、 フィンランド労働省の7ヵ所を訪問した。
 
  • デンマークは、いわゆる「ヒュッゲ」に代表される、デンマーク人の大切にしている豊かな時間の過ごし方、身の回りの自然や小さな幸せを大事にするという心の持ちようが、訪問先の方々とのふれあいの中で随所に感じられる、異邦人にも非常に居心地のよい国という印象であった。
 
  • スウェーデンでは、国内企業の99%が零細企業という中、数少ない地場の大企業(今回訪問させて頂いたエリクソンやエレクトロラックス、SAAB、IKEA、VOLVOなど)がグローバルに成功している背景には、優れた技術力やスウェーデン人の元来の高い労働力ポテンシャルのみならず、彼らの多様性の受容・活用(相手を尊重、チームワークを重視、個人の知を組織の知にする行動原理)や、それを活かすためのフラットな組織構造と優れたリーダシップがあることが理解できた。
 
  • フィンランドは、毎年国連の発表する「世界一幸福度の高い国」で今年も見事に第一位に選ばれている。実際にフィンランド労働省の方の説明をうかがっても、福祉や教育、医療など様々な指標のいずれをとっても素晴らしい水準にあることが理解できたが、そこで現状に安住せず、常に時代の先を読みながら国民生活の維持向上を考えているという姿勢に感服した。また単なる推察の域にとどまるのかもしれないが、フィンランド人の勤勉かつ謙虚な国民性は、三ヵ国の中でも最も日本人に近いものが感じられた。
 
  • 以上、非常に雑駁な感想で恐縮であるが、正直に申せば、今回の調査を通じて最も感銘を受けたのは、何よりも各国民の「精神生活の豊かさ」であった。特に、昨今日本国内で言われているようなSDGsへの取り組み、ワークライフバランスとか働き方改革の理想形はこれらの国々では既に当たり前の考え方、姿勢として生活に根付いているようであり(社会保障制度や労使関係・労働慣行などが根本的に日本とは異なるので単純な比較はできないが)、国民の豊かな精神生活への到達のためにこれからの企業が果たすべき役割とは何かをもっと真剣に考えていかなければならないと思う。

厚生労働省へ「電経連2018年度政策提言」を建議

2018-12-13
藤澤政策統括官に政策提言を手交する原田理事長
12月13日、原田理事長(三菱電機 常務執行役)、豊原副理事長(東芝 執行役専務)、藤田専務理事、熊谷事務局長、橋口事務局次長の5名で厚生労働省を訪問し、藤澤政策統括官(総合政策担当)に「電機産業を取り巻く課題と更なる成長に向けて実現すべき政策や制度に関する提言」を建議した。
厚労省からは、藤澤政策統括官、土田政策立案総括審議官、森川労使関係担当参事官、吉田企業年金・個人年金課長、辻労使関係担当参事官室調査官、田沼労使関係担当参事官室室長補佐のご出席をいただいた。
 
 
  
 

「東京ジュニア科学塾」(東京都教育庁主催)講座、電経連協力開催

2018-11-23
JAXA相模原見学①
JAXA相模原見学②
講演風景
  11月23日(金)、東京都教育庁主催の「東京ジュニア科学塾専修コース」の2018年度第2回講座が、NEC様のご協力により、JAXA相模原キャンパス・相模原市立博物館で開催された。
   電経連(会員会社)として協力を開始して5年目の今回は、午前中に「JAXA相模原キャンパス」を見学した後、 NEC航空宇宙システム 小笠原 雅弘 氏より、「宙への挑戦~「はやぶさ2」リュウグウへ~」と題して講演がなされた。
   講演の中では、「はやぶさ2からリュウグウまでの距離をどうやって調べるか」、「表面の重力が小さいリュウグウの表面で動き回れるものをどうやったら作れるか」といった課題について参加者が考えて発表したり、会場に持ち込まれた「ターゲットマーカ(着陸の時に使用する灯台の役割を果たす装置)」などの実物を参加者が触ったりする機会も設けられた。また、「宇宙が膨張する際にどのようなことが起こったのか」、「宇宙に底はあるのか」、「宇宙ができたときのゆらぎとは何か」など10名程の参加者から質問もなされていた。
 

設立17周年記念講演会開催 

2018-10-16
講師 感性リサーチ代表取締役社長 黒川伊保子氏
全体風景
懇親会風景

 「設立17周年記念講演会」を10月16日(火)に日本工業倶楽部の大会堂で開催した。講師にはエッセイストの「感性リサーチ代表取締役社長 黒川 伊保子 氏」をお招きして、「感性コミュニケーション ~男女脳差理解による組織力アップ講座~ 」というテーマで、男性脳と女性脳の違い、それらを踏まえた上での対応、それらを活かすコツ、組織の中に男女脳が混在することの強みなど、大変示唆に富んだご講演を賜った。講演後には、各界からご来賓の方をお迎えして懇親会も開催されたが、その中でも、講演でのお話が、「身につまされた」「深く心に刻まれた」「大変勉強になった」などと、話題になっていた。

 

「改正労働基準法説明会」開催

2018-10-04
講演中の経団連 横尾氏
講演全体風景

 10月4日(木)、電機工業会館(東京都千代田区)にて、講師に日本経済団体連合会 労働法制本部 横 尾 拓 弥 氏 をお招きし働き方改革関連法-改正労働基準法について」実務レベルの対応を中心に、これまでに出された政省令、公示などを踏まえて具体的な講演を賜った。

 当日は、60名を超える会員企業の実務担当者が出席し、盛んにメモを取っていた。最後の質疑応答の時間には、横尾氏のよどみなき明解な解答に、質問につぐ質問がだされていた。

電機・電子・情報通信産業経営者連盟
〒102-0082
東京都千代田区一番町17-4
電機工業会館5階
TEL.03-3556-5896
FAX.03-3556-5897
 
 
0
4
6
2
6
6