本文へ移動

科学する心を、育てたい

昨今、“青少年の理科離れ”が進み、わが国における将来のものづくり基盤が危ぶまれています。各企業はものづくり教室の実施や理科教育支援活動などに取り組んでいますが、電経連としても「電機産業魅力向上委員会」を発足させ、少しでも多くの子どもたちに理科に興味を持ってもらい、将来、電機産業で活躍する技術者となってもらえるよう施策の検討・実施に取り組んでいます。

科学の祭典への出展(2022年)

 東京オリンピックの開催や、新型コロナの感染拡大に伴って、3年ぶりに「青少年のための科学の祭典・全国大会」に出展いたしました。電経連では2009年からこの祭典に参加しており、今回が12回目の出展で、新型コロナ感染拡大防止のため、科学技術館への入場が事前登録制で行われたにもかかわらず、お子さん、その保護者や学校関係者など多くの方が電経連ブースを訪問されました。
 今回の工作は、幼児あるいは小学校低学年の参加者が多く、想定以上に組立、巻き線、エナメル線の被覆はがし、配線・接続調整と工作としての難度が高く、初日の1回目は、時間が足りなくなって、インストラクターの皆さん総出で未完成のものを仕上げることとなってしまいましたが、2回目以降は、指導の仕方が学習曲線に従って急激に上昇したのが傍から見ていても分かる位になり、また、出来るだけ保護者の皆さんの協力を得るようにしたことにより、演示時間の途中で電動ブランコが揺れだす光景があちらこちらで見受けられるようになり、大方は時間内で工作を完成することができるようになってきました。
 お子さんたちの、時に親も含めて、真剣な顔つき、そして完成後にブランコが動いた時の笑顔がとても素晴らしく、この経験が彼等/彼女等の将来に何かしらの良い影響があるものと信じたいと思います。
(今回の工作・実験も、NPO法人「
コアネット」にご協力いただきました)

日 時: 7月30日(土)~7月31日(日)
出 展「電動ブランコで磁石の不思議を体験!」
場 所科学技術館(北の丸公園)
会場風景(密を避けて)
 親子共同制作中
アッ!! ブランコが揺れた

会員企業の取り組み紹介

電経連に加盟する会員各社でも、多くの方々に科学、電機そしてものづくりへの興味や関心を持っていただくために様々な取り組み・活動を行っています。               

スローガンロゴ

基本ロゴ
電経連加盟の会員各社が、共通のコンセプトで理科に対する啓蒙活動に取り組んでいることをアピールするための「スローガンロゴ」を設定しました。
 
このスローガンロゴは、単なる理系の能力ではなく、考える心、探究する心を育てたいという、子どもたちへの想いを表現しています。
 
電機・電子・情報通信産業経営者連盟
〒102-0082
東京都千代田区一番町17-4
電機工業会館5階
TEL.03-3556-5896
FAX.03-3556-5897
 
 
0
6
1
8
4
6