本文へ移動

直近の1年

直近の一年一覧

『令和4年度 中央労働災害防止協会(中災防)緑十字賞』を受賞

2022-10-19
10月19日 表彰式風景
電経連より推薦致しました、次の2名の方が『令和4年度 中央労働災害防止協会(中災防)緑十字賞』 を受賞され、10月19日(水)に福岡県福岡市にて開催されました全国産業安全衛生大会において表彰式が行なわれました。心からお祝いを申し上げます。 

 ①<労働衛生部門> 柿沼 歩  氏【日本電気】 
 ②<産業安全部門> 大澤 雅之 氏【明電舎】

なお、緑十字賞は、中央労働災害防止協会(中災防)にて、長年にわたり日本産業の安全又は労働衛生の推進向上に尽くし、顕著な功績が認められる個人及び職域グループに対して行う表彰となっております。

「設立記念講演会」を開催

2022-10-17
10月17日(月)、理事会開催後、日本工業倶楽部(東京都千代田区)の大会堂にて、㈱ロッテホールディングス代表取締役社長 玉塚元一様を講師にお招きして「設立記念講演会」を開催いたしました。講演の模様はオンラインにて配信し、厚生労働省、日本経団連、電機連合、金属労協及び関係諸団体の皆様、及び電経連の会員企業のメンバーなど合計110名の皆様にご参加を頂きました。

講演においては、「経営者としての様々な挑戦と学びの共有」と題して、これまで数々の企業において経営手腕を奮ってこられた玉塚様の経験から、日本の企業のトップがこれからの人事政策や人材育成に対して果たすべき機能や価値とは一体何か、また次世代経営者をどのように育てるべきか。 独自のモチベーション維持の方法やリーダーシップ論に基づき、未来を見据えた様々な挑戦と学びついて熱く語っていただきました。

「玉 塚 元 一」氏
講演タイトル
日本工業倶楽部 大会堂

第48回理事会を開催

2022-10-17

設立記念講演会に先立って、第48回理事会が開催され、下記の事項についての報告と審議がなされました。


Ⅰ.報告事項

 1.2022年度上半期事業実施状況の報告
 2.2022年度上半期予算執行状況の報告
 3.経団連からの要請について
   (長時間労働につながる商慣行改善に向けたお願い)

Ⅱ.審議事項
 1.2022年度の政策提言(案)について
 2.2023年度重点事業の骨子について 
  (1) 電経連主催研修(第22期電経連研修・第3期電経連英明塾)について
  (2) 第10次海外調査団及び第15回海外研修の派遣について
  (3) 「青少年のための科学の祭典2023全国大会」への出展について
  (4) 政策提言(2023年度)活動について

第2期 ”電経連英明塾” を開講

2022-08-03
今回のプログラム
設立20周年を迎えた昨年度より、人事・労務面における中長期経営課題に対し、多角的な視点から議論しながら、他社の参加者とのディスカッションや外部講師によるワークショップを通じて自己研鑽や人脈の拡大を図りたい方を支援していくことを目的として、”電経連英明塾”(今年度より”人材塾”改め”英明塾”)を立ち上げました。その第2期、第1回の研修会(DAY1)が、8月3日(水)、オンラインで開催されました。

今回は、会員会社15社より15名の参加があり、前回同様、講師には株式会社Indigo Blue会長 柴田励司氏をお招きし、右のスケジュールで開催する予定としております。

DAY1では、堀内専務理事挨拶(人事のグローバル化を考える。複雑さにどのように対応するか)、自己紹介、柴田励司氏 講義(”動け、人事”~これからの組織・人事マネジメントの要諦~)が行われ、お昼を挟んで、午後からは”アシュミレーションプログラム”(相互インタビューとフィードバック)と次回の研修に向けての情報共有が実施されました。
堀内専務理事ご挨拶
講師柴田励司氏 登場
自己紹介
講義シーン
講義シーン
講義シーン

「科学の祭典2022全国大会」(7/30・31)開催

2022-07-31
科学技術館の正面玄関
7月30日(土)、31日(日)の2日間にわたって、「青少年のための科学の祭典2022全国大会」が科学技術館(千代田区北の丸公園)にて開催された。電経連は2009年から参加しており、今回が12回目の出展(今回の出展テーマ:「電動ブランコで磁石の不思議を体験!」)となった。今回の演示では、電磁石の動作原理、社会での利用例などの話に続き、磁石、乾電池、エナメル線、コード、厚紙などを使って、電動ブランコの作成を行ってもらった。演示1回の参加者は16名、2日間で合計8回(60分/回)の演示を行い、128名の児童・生徒が参加した。

子供たちの、時に親も含めて、工作時の真剣な顔つき、そして完成後に、スイッチをつけたり、切ったりしてブランコが動きだしたときの笑顔、安堵感漂う顔がとても印象的であった。この経験が彼等/彼女等の将来に何かしらの良い影響があるものと信じたい。
(今回の工作・実験も、NPO法人「コアネット」にご協力いただきました)
会場全景:オープニング
成功を信じて真剣です
会場全景
工作完成
工作完成➀
工作完成②
工作完成③
電機・電子・情報通信産業経営者連盟
〒102-0082
東京都千代田区一番町17-4
電機工業会館5階
TEL.03-3556-5896
FAX.03-3556-5897
 
 
0
6
6
4
1
3