本文へ移動

直近の1年

直近の一年一覧

部長会を開催

2022-07-28

7月28日(木)、電機工業会館(東京都千代田区)にリアルでの参加、オンラインでの参加、あわせて40名の会員企業の皆様の参加を得て、部長会を開催しました。当日の部長会の次第は右の通り。



第Ⅰ部 講師:愛 宕 伸 康 氏
第Ⅰ部 講演タイトル
オンラインシーン
会場シーン
第Ⅱ部 講演タイトル
第Ⅱ部 講師:徳 岡 晃一郎 氏

オープンセミナー “副業・兼業”と情報・通信・音響部会を開催

2022-07-20
講師:山口 毅 弁護士
電経連では、昨年で設立20周年を迎え、これを機に、電経連の事業の一つである「情報提供活動」として、従来の部長、課長といった階層の垣根を取り払い、また、テーマについても人事・労務部門における多様な分野から選定する“オープンセミナー”を企画していくことといたしました。

そこで、この度は、当連盟の情報・通信・音響部会において、「副業・兼業に関する各社の現状と課題」をテーマに情報交換会を行うにあたって、副業・兼業の推進に向けて規則・手続き・管理方法等の整備を進められている会社の実務担当者から、厚生労働省の「副業・兼業の促進に関するガイドライン」、とりわけ就業規則や労働時間管理の在り方について解説を望む多くの声が寄せられていたこともあり、同部会の前段で、“山口 毅 弁護士”を講師にお招きして「正社員が副業・兼業を実施する場合の法的ポイント」についての講演を会員企業の人事労務関係者ならどなたでも参加できる“オープンセミナー”として、開催することといたしました。事前登録制で会員企業の皆様に募集いたしましたところ、オンライン参加96名、リアル参加(経団連会館504号室)12名、トータル108名の関係者の皆様に参加頂きました。
会場(経団連会館)風景
〇講演「正社員が副業・兼業を実施する場合の法的ポイント」
  1. 副業・兼業を取り巻く環境の変化
  2. 副業・兼業に関する就業規則の見直しポイント
    (1)許可制とするか届出制とするか
    (2)禁止できる副業・兼業とは
    (3)自営業等労働時間を通算しない副業・兼業に限ることができるか
  3. 労働者の副業・兼業先における労働時間の把握と対応方法
    (1)労働時間通算の考え方
    (2)労働時間の通算方法
    (3)管理モデルによる労働時間通算
  4. 安全配慮義務に関する考え方
    (1)本業の使用者が負う安全配慮義務
    (2)副業・兼業の使用者が負う安全配慮義務

〇情報・通信・音響部会 情報交換テーマ「副業・兼業に関する各社の現状と課題」 
  • 事前調査の趣旨説明(国の方針、パナソニックの方針)、選択質問の結果共有
  • 事前調査で"副業を推進している"と回答いただいた会社の事例紹介
    カシオ計算機、富士通、NECなど
  • 事前調査自由記述内容の事例紹介
    許可基準、二重雇用を認める場合の労働時間の把握

「第21期電経連研修」が開講

2022-07-07
松倉理事長基調講演
7月7日(金)、新型コロナが比較的小康状態にあることもあって、3年振りのリアル開催で、「アルカディア市ヶ谷(千代田区九段北)」に29社33名の参加を得て「第21期電経連研修」が開講となった。
 
当日は、13時からスタートして、事務局の「研修オリエンテーション」、堀内専務理事による「電経連研修受講に向けたメッセージ」の後、以降は当番幹事の主導(進行)により、6グループに分かれて「自社・自己紹介とフリーディスカッション」、NEC 取締役執行役員常務 松倉 肇 氏による理事長基調講演「第21期 電経連研修開講にあたって~DX時代におけるHRの役割~」が行われ、17時過ぎには研修を終了した。
当番幹事1分間スピーチ
堀内専務理事からのメッセージ
研修全景

理事会及び第21回(定時)総会を開催

2022-06-13
6月13日、日本工業倶楽部(千代田区丸の内)において全理事の出席を得て、第47回理事会が開催され、第21回定時総会上程案(2021年度事業報告および同決算、2022年度事業計画および同予算、2022年度の役員改選)及び「電経連常勤役員及び事務局職員の就任(雇用)期限及び退任後の取扱い(案)」が全会一致で可決されました。

中畑英信理事長 
総会風景(日本工業倶楽部「大ホール」)
また、同日、同会場において、第21回(定時)総会が、全会員代表者の出席(委任状による出席を含む)を得て開催されました。審議の結果、以下の案件が全会一致で可決されました。

  • 2021年度 事業報告および同決算
  • 2022年度 事業計画および同予算
  • 2022年度 役員改選

理事会協創の森視察(5/27)の実施

2022-05-27
    講演中 矢野フェロー

5月27日、理事会(理事12名参加)による日立製作所の「協創の森」視察が行われた。

 

2021年度の理事会視察は当初、1月21日(金)に開催を予定していたが、まん延防止等重点措置が同じ日に発出される見込みとなったことから、いったん開催を見送り、5月27日(金)に日程調整の上、開催されることとなった。当日は、日立製作所の鮫島技術戦略室長より、「協創の森」の概況説明を受けた後、矢野フェローによる講演と「協創の森」の施設見学を行った。矢野フェローの講演では「予測不能の時代におけるウェルビーイング経営」と題してハピネス理論をテーマに大変興味深いお話をお聞きできた。また、「協創の森」の見学では、日立製作所の歴史に触れつつ、オープンイノベーションの理念のもとに設計された施設見学を行った。参加者には視察を通じて様々な学びとインスピレーションを得ることができたものと考えている。

視察終了後には懇親会を実施し、各組織の情報共有を図りながら、有意義な時間を過ごし、成功裡のうちに閉会した。
理事会視察会場風景
 視察会会場風景
理事会視察矢野フェロー
 集合写真
電機・電子・情報通信産業経営者連盟
〒102-0082
東京都千代田区一番町17-4
電機工業会館5階
TEL.03-3556-5896
FAX.03-3556-5897
 
 
0
6
6
4
1
3