本文へ移動

直近の1年

直近の一年一覧

合同セミナー(ライブ配信)を開催

2020-08-25
ライブ配信映像から
事務所での撮影風景➀
日本生産性本部 東狐氏
コーン・フェリー 本寺氏
事務所での撮影風景②
ライブ配信映像から
​ 電経連では、本年度から、階層、会議体、場所等の様々な既存の枠組・垣根を超えたオープンセミナーを企画することとした。
 
 その第一弾として、課長会メンバーに加え、第19期電経連研修受講者にご案内して、会員企業の人事労務部門のどなたでも参加できる「電経連合同セミナー」が8月25日(火)に開催された。
 
 今回のセミナーは、新型コロナウィルス感染症の現下の状況を踏まえ、電経連としては初めての試みとなるインターネット回線によるライブ配信開催となった。
 
 セミナーとしては、第Ⅰ部では「With/Afterコロナ時代のこれからの働き方と人事制度~競争力のある組織と人づくりにむけて~」と題して、公益財団法人日本生産性本部 主席コンサルタント 東狐貴一氏をお招きして、第Ⅱ部では「今後の賃金制度の動向について」と題して、コーン・フェリー・ジャパン株式会社 本寺大志氏を講師にお招きして講演を賜った。
 
 いずれの講演も、豊富なデータと事例を提示しつつ、グローバルな視点から日本の課題を捉えられていて、これからの賃金、人材、人事制度の在り方を考える上で示唆に富んだ内容であった。
 
 なお、当日の講演については、「会員企業専用Page」にて、11月末までビデオ配信実施中。

部長会を開催

2020-07-30
岡三証券 チーフアナリスト愛宕氏
講演風景(一机一人)
石井未来総合研究所 石井氏

7月30日、電機工業会館(東京都千代田区)で18名の参加を得て、部長会が開催された。第Ⅰ部では、岡三証券株式会社チーフエコノミスト「愛宕伸康氏」を講師にお招きし、「国内・世界経済の現状と展望~先走る官製相場と置き去りにされるコロナ禍経済~」というテーマで、コロナ禍中、その後の世界の中の日本経済、景気動向についてご講演をいただいた。また、第Ⅱ部では、石井未来総合研究所代表 石井圭介氏に講師をお願いして、「DX時代のリーダーの在り方~新たな商品価値の創造~」というテーマで、同氏のPanasonicSamsunでの勤務から得られた経験知や、世界の著名経営者との交流から得られた情報を踏まえて独自の世界観についてご講演をいただいた。

当日の感染予防対策から
なお、当日は新型コロナ感染予防対策のため、参加者全員にマスクの着用は当然のこととして、講演会場では、座席の配置(一つのテーブルに一座席とし、十分な間隔をあけるような座席配置)や換気(換気扇の常時稼働、入口ドアの開放)への配慮、消毒用アルコールの設置、参加者への非接触型体温計による体温測定等の対応を行ったうえで実施した。

第19回定時総会を開催(第43回理事会2020-06-04開催)

2020-06-18
第19回定時総会(2020-06-18)  
6月18日、全会員代表により選任された議事録署名人によるWeb会議が招集され、「提案された案件の全てで全会員代表の書面による承認が得られていること」についての確認が行われた。
ここに、第19回定時総会が成立し、
 
  • 2019年度事業報告および同決算
  • 2020年度事業計画および同予算
  • 2020年度の役員体制
 
のすべての案件が決議(可決)されました。  
 
第43回理事会(2020-06-04)
6月4日、全理事により選任された議事録署名人によるWeb会議が招集され、「提案された案件の全てで全理事の書面による承認が得られていること」についての確認が行われた。
ここに、第43回理事会が成立し、
 
  • ファナック株式会社の入会(7月1日~)
  • 第19回定時総会上程案(2019年度事業報告および同決算、2020年度事業計画および同予算、2020年度の役員体制)
 
のすべての案件が決議(可決)されました。
なお、ファナック株式会社の入会により、電経連の会員企業数は59社となります。 

ホームページのセキュリティ強化とリニューアル

2020-04-07
トップページ
 
前回(2013年12月)のホームページリニューアルから6年余りが経過したこともあり、セキュリティー強化(SSL対応)、機能性・操作性の向上を図りつつ、デザインやコンテンツの配置・スマホ対応等、大がかりな更新(2019年度着手2020年4月稼働)を行いました。これに伴い電経連のホームページのURLが https://denkeiren.com/ 変更となりました。

2020春季交渉:電機連合中闘対応各社の回答に初めての差異

2020-03-11
3月11日(水)、電機連合の中闘対応各社で回答がなされた。その回答内容を見ると、長年の労使交渉の歴史の中で、初めて回答に個社の経営状況や思いが反映されて、縦(基本賃金の上げ幅:500~1,500円)と、横(内訳の柔軟性:基本賃金、DC・カフェテリアポイント)の両面で差異が生まれるというエポックメイキングな結果となった。加えて、これまで出来上がり額、上げ幅でほぼ足並みのそろっていた大卒初任給においても違いが生まれることとなった。
 
○「開発・設計職基幹労働者」の賃金水準改善額1,000円以上
  • 日立:基本賃金1,500円
  • 村田:基本賃金1,300円
  • 東芝:基本賃金1,000円+CP300円
  • 三菱/富士通/OKI/富士電/明電/安川:基本賃金1,000円
  • パナ/NEC:基本賃金500円+DCP(or CP)500円
 ※DCPは確定拠出年金ポイント、CPはカフェテリアポイント
 
◯産業別最低賃金(18歳見合い):164,000円(引上額1,000円)
 
◯初任給:高卒168,000円(3,000円増)、大卒215,500円(3,000円増)。但し、富士通は225,000円(12,500円増)
電機・電子・情報通信産業経営者連盟
〒102-0082
東京都千代田区一番町17-4
電機工業会館5階
TEL.03-3556-5896
FAX.03-3556-5897
 
 
0
4
6
2
6
6